綾鷹カフェ抹茶ラテでホットケーキを焼いてみる

お疲れさまです。ミドリイロです。

今日は最近人気の綾鷹カフェ抹茶ラテで、ホットケーキに挑戦してみました。

なんかお休みの日をもう少し有意義にしたい、けれど大きなことは疲れちゃう。

できれば割と簡単にできて、やった感があって、そしてちょっと美味しい思いがしたい。

料理もやり出すとそれなりにお金がかかってしまうものだから、そこまで手の込まないものがよく、しかも食べきれない量を作っても1人暮らしは大変なので。

そんなことを考えていたら、綾鷹ラテに辿り着きました。

作り方は非常にシンプル

通常のホットケーキミックスの作り方では、水か牛乳を使用します。

それを綾鷹ラテに置き換えるだけです。

1、ボールに卵を割り入れ、かき混ぜます。

 均等に混ざり切るまでかき混ぜます。

 水に近くなるような感じで、とろみが少なくなるまで混ぜます。

2、綾鷹ラテをホットケーキミックスの説明書にある分量入れます。

 私が購入したホットケーキミックスでは150㏄だったので、その量をボールへ流し込む。

 卵とラテは混ぜる必要はなさそうですが、2・3回泡立て棒を回しました。

3、ホットケーキミックスを入れて液となじむまでかき混ぜます。

 こちらは、水っぽくなる手前の硬さがあるぐらいが良く膨らむとのことで、かき混ぜ過ぎない。

 お玉で救い上げて落ちるときに、とろーっと落ちるより、ぼたっと落ちる方が〇とのこと。

4、フライパンを中火にかけ、一旦濡れタオルで冷やします。

 

 冷やした後、再びフライパンを弱火にかけ、そこへホットケーキミックスをお玉1杯分入れます。

 このとき、ちょっと高さをつけてお玉からホットケーキミックスを落とすと丸く広がります。

 表面に空気の穴が出るまで、しばし待つ。

 説明書には3分とありましたが、フライパンの熱によっては3分かからないことも。

 そこは様子を見つつ。

 頃合いをみて、フライパン返しでひっくり返し、色がつくまで焼きます。

 ※所持しているフライパンがテフロン加工のため、油はひいていません。

 5、200gのホットケーキミックスで、お玉6杯分のホットケーキが完成しました!

 ホットケーキの焼き加減や形から、普段料理をあんまりしないことが薄くみえる…

 普段ホットケーキを作る習慣がないので、思いのほか枚数焼けるんだなぁ~というのが感想。

 もうちょっとお茶っぽい色が出るのかな?と思いきや、みどりっぽくはなく、

 普段と変わらないクリーム色のホットケーキでした。

 

6、あとは盛り付けして完成です。

 よくよく考えるとバターがなく(行き当たりばったりで始めた感が半端ない)

 ブルーベリージャムを付け合わせにすることにしました。

 はちみつやホイップクリームでも良さそう。

作ってみた&食べてみた感想

個人的感想ですが、そんなにお茶の味はしませんでした。

ただ、普通のホットケーキよりなんか素朴な味がするなぁ~という感じ。

ブルーベリージャムつけてみましたが、ジャムつけずに全然食べられます。

むしろ、ジャムつけない方が素朴な感じが引き立ち、気づいたらムシャムシャ食べていました。

思いのほか焼き時間が長かったので、どうやらお腹が空いていた模様。

6枚焼くにはそれなりの時間がかかるんだなぁ~と思いました。

残った綾鷹ラテと合わせてホットケーキを食べると、なんか口の中がしゃりしゃりしました。

抹茶ラテで今回作ってみましたが、ほうじ茶ラテでもいけるかも?と思いました。

抹茶よりほうじ茶の方がホットケーキにパンチがでるかも?

残ったホットケーキミックスは、まだ賞味期限があるので、冬になったらほうじ茶ラテで再チャレンジしてみたいと思います。

それなりに楽しく美味しくできました!

手慣れていない感が半端なく…書いていて変な感じがしました。

唐突に料理するには、腕も発想力も足りないなぁ…なんて。

それでも「これ、作ってみよう!」と思って行動することは、良い経験なのでやってみてよかったです。

普段あんまりお菓子や甘いものを食べないので、食べたあとのコーヒーが美味しいのなんの。

ブログ記事も書けたし、いつものダラダラ休日が少しだけ目的達成!で気持ちが上がりました。

たまには、普段やらないようなことをやってみてもいいかもしれませんね。

以上です。

読んで頂き、ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました