コロナワクチンを打ちに行く・1回目

お疲れさまです。ミドリイロです。

コロナワクチン…みなさんどーなってます?

そんな感じで、私のコロナワクチン事情と1回目打ってきた感想などを書いていきたいと思います。

我が地域のコロナ受付サイトは「600分」待ち

もちろん私のところにも、新型コロナウィルスワクチン接種券は届いています。

届いていますが…受付日にスタンバり、HPからアクセスして出た待ち時間「600分」

あっけに取られるというのは、こういうことを言うだと思いましたよ、うん。

まず、600分って!?

10時間だったよ!おいっ!ひどすぎ!

しかも、更にブラウザが自動更新するからページを閉じるな、ときている。

へ?これずっとこのままの状態を維持しないと受付できないの?

ページ閉じたら、もう1度やり直し?PC立ち上げたまま10時間待てと???

困った末、Twitterやっていないけど、同じような状況の人がいるだろうと考え、Twitter検索かけてみた。

そしたら、いるいる!600分やら450分やら700分やら表示されている我が地域の人たち!?

私と似たようなボヤキをつぶやいている方が多数。

スマホからの方が繋がる!とか、専用ダイヤルの方がスムーズとか。

専用ダイヤルに300回かけ続けて取れた!とつぶやいている猛者もいる…。

一応、つながらないと思いつつも、私も専用ダイヤルに電話をかけてみた。

当たり前だけど繋がらない。5回かけてみて、駄目だなこれと諦めました。

該当する職の方は、こっちなら空いてます!なんて情報も。

該当職種じゃないから受けられないけど、URLみてみたら、そっちは予定ガラガラという状態…

意味がわからん。

どーしたらいいの?と思いつつ、一応「350分」まで待ってみました。

別にPC立ち上げっぱなしにするだけだから、やろうと思えばできたかもしれない。

けれど、なんか「350分」辺りで、こりゃもう面倒過ぎて付き合ってらんないわ~と思った。

そこから「もうちょっと普及した後でいいや」と、しばらくサイト見るのやめました。

これが私のコロナワクチン接種受付の第1回戦でした。

ワクチン接種から距離を置く、ある日情報が回ってくる

近くに住む妹に、この状況をさんざん愚痴りました。

「600分待ち」なんて、冗談もいいところだよ!と。

近くといっても同じ地域ではないですが、妹も似たような状況だったため「こんなもんよね」と。

そして、しばらく忘れます。

受けられないんだもん。忘れますよね。

すると、ある日妹からLINEが届きました。

「19歳から39歳の若者枠での接種受付があって、それで予約取れた~」

「ミドリも、もしかしたら出来るかもよ?」と。

ぬうぁんですとっ!

速攻調べたら、若者枠で受付してる…そして私もできるっぽい。予約空いてる…

っていうか、ギリじゃないか…39歳って、私って若者か?若者なのか?

自問自答しつつ、まぁ、産まれ上は39歳なので、ネット予約してみました。

あなたはダメです、とは言われず、そのまま予約受付が受理されました…

出来んじゃん受付。スムーズすぎるぞ第2回戦。

そして、1回目の接種

前置きが長い。

しかし、この状況を説明したかったのです!特に「600分待ち」を!

ここまで来るの、結構長かったなぁ…

いざ!接種会場へ!

なんか、非常にカジュアルな接種会場でした。

なんだよ、カジュアルって?

なんか接種する人も係の人も、若い人が多くて(若者枠だから当たり前)、気温が高いからそれなりに薄着で、ベビーカーでお子さん連れている方もいて。

係の人は、丁寧で、すごい細かく2重3重でチェックが入るけれど、連携体制が超絶しっかりしていて、何か騒ぎ出したりする人がいたとしたら、おそらく偉い人がマッハで飛んでくるだろうと思われる感じ。

思った以上に慎重な体制に、みんなが静かに従って流れて行く。

うん。とにかく流れにまかせておけば注射打てる、そんな安心感と雰囲気がありました。

接種する側は、カジュアルに受けられる。

問診もあって、ピルのことなど話して問題なしとのことだったので注射を打ちました。

私が受けた日が良かったのか?思いのほかスムーズに流れて、40分前後で終わりました。

なんか、もっと混雑してて、もっと長い時間待つのかと思ってた。

自分的に感じた印象ですが、思いのほか腕の高い位置に打つんだなぁ~と。

長袖を着ていたため、腕までシャツをまくれと言われると思っていたのですが…

「打つんで、ボタン外してシャツから肩出して下さい」と予想外の案内が。

半袖にカーティガンにすれば良かったと、2回目は気をつけようと思いました。

医療従事者と係の方は、やっぱり大変

もう正直、心は半分おばちゃんなので、注射打つ前の待機時に注射の説明してくれる看護師さんに「今日は混んでる方ですか~?」と気軽に声をかけるという技を繰り出したりする。

突如話しかけられた看護師さんが一瞬、虚を突かれた表情をしつつ「時間帯によるんですが、空いてる方だと思いますよ~。混んでる時間帯もあります」と笑顔で答えてくれた。

順番が来たので、お礼言って先へ進む。

いやぁ、さぁ、みなさん頑張ってるわけじゃん?お礼ぐらい言いたいじゃん。

「みなさん、大変な中ありがとうございます」

これに尽きると思うのよ。

だって、問診するお医者さんは1回1回アルコール消毒しているし、待機のベンチも1回1回アルコールで拭いてる係の人もいる。

本当に、これは大変よ。

我々接種する人間は、静かに会話しないのがベストだけど、お礼を伝えられる人には伝えていかないと、と思う訳です。

ワクチン接種後、1日経って

注射自体は、まったく痛くなかったです。

ただ、打ったところが段々ジンジンしてくる感じはありました。

で、夜ちょっと熱が出ました。

なんか足が寒いなぁ…と感じ、お風呂入るか~とお風呂に入り、少しネットを見たりしてのんびりしたあと、じゃ、寝るかと横になってしばらくしたら、心臓バクバクしはじめてびっくり!みたいな。

熱を計ったら37.0℃ぐらい。

頭も痛くない、身体も痛くない、ただただ脈拍が早くなっていく。

これからもしかして熱上がるのかな?と思いました。

眠気はあったので、とりあえず解熱剤飲んで寝てみるか?と薬を飲んで寝ました。

ノンストップでそのまま寝て、翌朝6:30に目が覚め、熱は下がっていました。

注射を打った左肩は、引っ張られるような鈍い痛みはあるものの、それ以外は異常なし。

うーん。よくわからないが、とりあえず副反応は乗越えたようです。

足の寒気は、どうやら熱が出る前兆だったっぽい。

もともと冷え性なので、足冷えてんなぁ~って感じることは多く、全然気づかなかった。

まだ1日しか経過していない為、自己観察はしていこうと思います。

2回目が酷くなることが多いというので、どうなることやら。

1回目これなので、おそらく熱は出るんじゃないかな?なんて。

覚悟はしておこうと思います。

なにやらロシアンルーレット状態になっているコロナ事情。

ワクチン打ったら打ったで様子をみなきゃならないし、打たなきゃ打たないで色々煽られるし。

とりあえす、私は今年の年末に実家に帰りたいんです!

それだけ。その免罪符の為に打った感じ。

今回は、紆余曲折の末、自分の住んでいる地域では申込しない(できない?)ままでした。

あのまま待っていたら、ワクチン接種は、結局いつになっていたんだろう?と思います。

本当に気苦労が絶えませんな、コロナ渦…。

長い接種受付との戦いでした。

2回目の予約は、一応1回目と同時に取れているので、あとは待つだけです。

そんな感じで、私のワクチン接種の報告でした。

以上です。

読んで頂き、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました