WORKAHOLICに予約して椅子を見に行く

お疲れさまです。ミドリイロです。

今日は、念願のWORKAHOLICへ行ってきたのでその体験談を書いていきたいと思います。

まとめるのに時間がかかりました。

訪問したのは9月の出来事です。

WORKAHOLICとは

WORKAHOLICとは、オフィス(ワーク)チェアの専門店です。

働く人へ向けたオフィスチェアのコンシェルジュサービスがあり、その人に合わせたチェアを紹介、相談してくれる、オフィスチェアに悩みがある方には非常に心強いお店です。

コロナ渦が始まって、在宅&テレワークが急増した関係もあってオフィスチェアに悩まれる方も多くなりました。

ワークチェアの値段は、ピンからキリまで。

買おうと思えば、通販でも良いものは沢山あふれています。

しかし、椅子は本当に座ってみないとわからない。

私は、ネット購入してオフィスチェアを失敗しました。結構高かったのに、身体に合わなかった。

そんな経験があり、次回は「とにかく自分にあった椅子をみつけたい!」と決意しました。

色々探したうえ、ここに辿り着きました。

来店には予約が必要です。割と本気度が問われます。

しかし、自分にあった椅子が欲しい!ちゃんと吟味して悩みたい!という方に非常におススメです。

椅子に悩んでいる方は、本当に沢山いる

来店してみると、しみじみ感じたのは椅子に悩んでいる人って沢山いるなぁ~ってこと。

予約した方が私を含め、かわるがわる来店されていました。

年齢層は、ちょっと高めかな?男女の比率は、男性の方がやや多いかもしれませんが、私が来店したときは女性の方もいました。

1組(2人まで)につき1人のコンシェルジュさんが付いてくれます。

友人や同僚と来店しても面白いかもしれません。

店内には、ずらーっとオフィスチェアが並んでおり、色々なタイプのものがあるなぁと感心します。

楽天にもWORKAHOLIC storeを出品しているため、並んでいる椅子のタイプや価格帯などはチェックが可能です。

本当にガチのオフィスチェアたちです。

ただ、良いオフィスチェアが欲しいと思いネット検索しだすと、必ずヒットしてくる椅子たちです。

本当に良いオフィスチェアを探し始めると大体10万前後なので、やっぱり座って確かめてみたい!という気持ちが強くなります。

メーカー実店舗へ行くのもありですが、1メーカーだけでは物足りないってことになりがち。

そうすると色々なメーカーをいっぺんに座れたらなぁ~ということに。

そんな願いを叶えてくれるお店が WORKAHOLICという訳です。

事前予約~来店まで

申込み・事前予約は、現在電話のみです。

私の場合は、動ける日が土日のみだったため「土日の最短日」をお聞きしたところ、7月初めに申し込んで9月後半の土日が最短ですと言われました。

土日はやはり混んでいるようです。

来店してお聞きしたところ、平日はそこまで混んではいない様子で、1週間後ぐらいなら取れるようです。

フリーランスの方で、平日動ける方ならそこまで待たないと思います。

電話予約時は、名前と来店人数、連絡先が必要です。

あと、来店時に必ず現在使用しているデスクの「天板の厚み」「天板の奥行」「天板の高さ」が必要なので、確認してメモっておく必要があります。

私は申込み自体が9月前だったため無料でしたが、残念ながら9月申し込み分から有料サービスへ変更になっています。¥3,300かかりますのでご注意下さい。

約2カ月待ちだったので、おっかなびっくり来店でした。

しかし、ちゃんと時間通りに来店して、名前を伝えると「お待ちしてました~」と通されましたので、ご安心を。

無理なセールスはありません。最初は、正しい姿勢から

ロッカーがあるので荷物を預け、コンシェルジュさんと挨拶をして、サービススタートです。

具体的な悩みの聞き取りや、今回の目的の説明があります。

今回の目的というのは、正しい座り姿勢やワークチェアの使い方など理解を深めることで、理想のデスクワーク環境を実現できることです。

事前に用意するように言われている デスクの「天板の厚み」「天板の奥行」「天板の高さ」 をコンシェルジュさんへ伝えて、まず現在の環境を再現します。

情報を伝えると、最近流行りの高さが調節できるデスクで実際の環境を作ってくれます。

私のデスクは、

  • 「天板の厚み」…2センチ
  • 「天板の奥行」…60センチ
  • 「天板の高さ」…74センチ でした。

天板の高さがちょっと高めです。

70センチのデスクの足に4センチの底上げをしています。

家のデスクは、PCも使いますが、モノを書いていることが多く、すると70センチだと低い。

背も高いので、デスクをワザと底上げしています。

PCはデスクトップ使用しています。

悩みは、割と前傾姿勢を取りがちなこと。あと、足をチェアに乗せてることが多いです。

下手すると胡坐をかいていることもあります。

足癖悪いんですよ…っていうか、会社で仕事して帰宅すると、既に足がパンパンなので、足を上に向けたくなるんだと思います(ただの言い訳)。

そんなことをコンシェルジュさんに話しつつ、まずは私の背の高さ、体格から基本の姿勢と使い方を教えてくれます。

基本は、背もたれ、首まであるオフィスチェアで、全体を後ろにあずけ支える座り方を教えられます。

現在使っている椅子は、背もたれ部分があんまりない椅子なので、首部分まであるオフィスチェアに座ってみると、すっごい楽なのがわかります。

そっかぁ~。座るっていうより、支えられるって感じなのかぁ。

そして、ひじ掛け部分。ここを自分の高さに合わしてもらい、ひじ掛けを使用すると肩の力が抜け、肩が下がります。

極力、手先だけを動かすだけの状態になる。

この姿勢、非常に楽だわ~♪と感動。

仕事が本当にPCのみを触るだけっていうなら、この姿勢で仕事出来たらすごく良いだろうなぁ~としみじみ思いました。

SEさんとかプログラム関係の人は、こんな感じだろうなと想像できて楽しかったです。

私が前傾姿勢になっていることが多いという話を聞いてくれて、前傾姿勢をサポートするオフィスチェアも紹介して頂きました。

普通のオフィスチェアとは違い、やや前に倒れる仕様のものでした。

がっちり背中と腰が固定される感じがあり、悪くなかったのですが、そもそもこの姿勢そのものは長時間には向かない姿勢であると案内がありました。

まぁ、姿勢の観点から考えるとそうよねぇ~と納得。

実際に沢山のオフィスチェアに触れてみる

正しい姿勢の説明を受けたあと、気になるところを質問などし、フリータイムに突入します。

実際色々座ってみて、好きな椅子を選んでみて下さい、という訳です。

どこが良かったか?どんな部分が好きなのか?人によって違うので、実際に選んで教えて下さいねと言われます。

気になるものは写真撮ったりしてOKとのこと。

どの椅子を選ぶか?によって案内が変わるんだろうなぁ~と想像しながら、約15分間、自由に椅子に座りまくる時間がスタートします。

先程説明を受けた正しい座り方を考慮し、自分のいつもの座り方、どうしたいか?なども片隅で考えながら、座っていきました。

いや~。色んなタイプの椅子があり、非常に非常に楽しい時間でした。

沢山座るとわかることがあります。

自分の好きなタイプの椅子が…やはりあるということ。

気に入らない椅子には、やはり違和感を感じること。

良い椅子には、安心感や居心地の良さを感じるということ。

オフィスチェアに対する私の感覚の違いが、座ることでハッキリしてきます。

ぼんやりとしていた座りたい椅子の輪郭が、段々わかってくる感じです。

これは、やっぱり沢山座らないとわからんわ!と思いました。

ポイントは、生地と座面の座り心地

私が選んだオフィスチェア

  • オカムラ バロンチェア
  • エルゴヒューマン 

メーカータグなどを見ずに座っていたのですが、最終的に「これ!」ってオフィスチェアを選んだのは、やはり王道オフィスチェア。

コンシェルジュさんがどの部分に惹かれているのかを聞きだし、様々ポイントを教えてくれます。

感想として、バロンチェアは、とにかくめちゃめちゃ座り心地が良かった。

リクライニングが段階なしで、微調整が効き、座った際のゆったり感がたまらなく良かったです。

エルゴヒューマンは、バロンチェアとは対照的に腰がカバーされている感覚が強く、身体が自然と持ち上がる。正しい姿勢が保たれている、支えられている感覚、守られてる感がありました。

ここで、WORKAHOLICの場所の良さが光ります。

バロンチェアもエルゴヒューマンも、タイプ違いが存在します。

同じバロンチェア、エルゴヒューマンのタイプ違いに座ることができます。

タイプ違いに座ることで、自分がどこの部分に重点を置いているのか?を知ることが出来ます。

特にエルゴヒューマンは、タイプ違いで腰部分の柔らかさが異なることに驚きました。

弾性が強すぎると最初は良くても、後々ちょっと辛くなってくる。

これは座らないとわからない感覚でした。

また、生地違いも存在します。メッシュ生地か?布(クッション)生地か?

メッシュ生地は、パッとみ非常に格好いいのですが、私にはちょっと硬すぎようでした。

圧倒的に布(クッション)生地の方が良かったです。

お尻の納まりの良し悪しはありますよね、それは結構重要ポイントです!とコンシェルジュさん。

そこで、メッシュ生地ではないタイプの両椅子を座ってみると…

「いいですね~!」とテンション高くなる。

座ってわかったのは、メッシュ生地自体が駄目なのではなく、単にお尻に触れるところのだけ布(クッション)生地がいい。

座面クッション&背もたれメッシュ生地はそれほど気になりませんでした。

沢山あるオフィスチェアの中から、数種類に絞り、さらにタイプ違いに座り、自分にあった生地をみつける、この流れを経ることで、自分の中で欲しいオフィスチェアのイメージが確立したのを感じました。

パズルのピースがかっちりハマって、おそらくどちらを選んでも後悔はしないだろうと感じました。

あとは、自分の気に入るデザインかどうか?や大きさの問題、値段、色、オプションなど様々なことをコンシェルジュさんにぶつけてご回答頂きました。

コンシェルジュさん、快く回答して下さり、質問するのも回答を聞くのも楽しかったです。

2つのオフィスチェアのパンフレット、私が気に入ったタイプのオフィスチェアの型番も控えてもらいました。

WORKAHOLICの商品は、楽天でも購入可能です

今回の体験のクロージングに、購入を強制することはなく「楽天でも展開していますので、ご検討の上、ネットからでも購入できます」と言われます。

(ご購入)いかがですか?とは、結局言われなかった…ある程度自信ないとできない技じゃない?とちょっと思いましたよ。

「店舗購入とネット購入の具体的な違いってなんですか?」と聞いてみました。

「一番大きいのは、現金値引きかポイント値引きかですね」と即回答がありました。

パッと考えると、ポイントを使う方なら圧倒的にネット購入の方が値引き率が高くなる計算です。

なんせ楽天ですから…。

あと、 WORKAHOLICで購入すると…

  • 店舗は現金値引き、ネットはポイント値引き
  • 完成品お届けのため組み立て不要
  • 段ボール回収
  • アフターフォロー(保証内容に準じたメーカー取次ぎ)  

してもらえるとのことで、完成品お届けは女性には嬉しいところ。

前にネットで購入したオフィスチェア…地味に組み立てるの大変だったなと思うと、完成品お届け、しかもゴミ出ないのは非常にありがたい。

再来店も可能だそうで、2回目の来店の日程を決めてお帰りになる方も結構いらっしゃるそうです。

確かに…高い買い物は、徹底的に検討したい人も多いでしょうね~。

一緒に悩んでくれる、サポートしてくれるっていうのは、ネット購入では得られない体験ですよね。

WORKAHOLICでオフィスチェアを購入しました!

ゲーミングチェアも検討していましたが、WORKAHOLICでオフィスチェアを購入することにしました。

既に買うことは決まっていたので、決断は早かった。

まだ現物は届いていないのですが、これから届くのが非常に楽しみです♪

今回オフィスチェアを座り倒す体験をして、やはり自分なりのこだわりは身体にもあったんだなぁ~と感じました。

これは、見た目判断だけのネット購入では失敗して当然だわっと反省しました。

こだわりがあるというのがわかっても、求めているのが「座り心地が良いチェア」ぐらいのイメージしかなかったので、座り倒して自分の形がみえたのは貴重な体験でした。

今後、別のオフィスチェアを購入することがあっても、自分の傾向がハッキリしたのでハズレは引くことはないでしょう。

しいて言うなら、会社のオフィスチェアも変えたい…(これが一番の問題かも?)

購入したオフィスチェアは、体験記が長くなってしまったので別の機会に。

ここまで長い文章を読んで頂き、ありがとうございます。

オフィスチェア購入の参考になれば幸いです。

以上です。

読んで頂き、ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました